健康と年齢

長寿祝いに孫から胡蝶蘭をもらいました

この間の敬老の日に孫からプレゼントが・・

 

 

なんと開けてみると胡蝶蘭。
豪華できれいですね、ほんとに美しい花です。
でも高いんですよね、胡蝶蘭はこのサイズだと2万円くらいするんじゃないかって思うんです。
そんな高いものもらっていいのかなあという気持ちもありますが、ほんとにもらって嬉しいものですね。

 

以前は花を育てるのに興味はそれほどなかったんですが、この胡蝶蘭を見てるとせっかくなんで来年も咲かせてみたいなって気持ちになります。

 

胡蝶蘭は二週間くらいは花が咲いてるみたいですが、その後花が落ちてしまった後も鉢植えと下の株は生きてるので、それをまた管理すれば
来年綺麗に花が咲いてくれるようになるわけです。

 

だから今回この貰った胡蝶蘭のギフトはほんとに大事にしようと思います。
今度入る予定の大阪の有料老人ホームに持っていけるか心配ですが、たぶん大丈夫でしょう。

 

二人部屋のある有料老人ホームのホームページを見るとそういうお祝いイベントが写真付きで書かれていたので
そういうように私もしたいんです。

 

胡蝶蘭の育て方とか見てると霜に弱いみたいなので外ではなく室内で育てる必要があるんですね。
最初は玄関においてたんですが、花が枯れてしまうとちょっと寂しいので、今は自室においています。
胡蝶蘭は虫がつきにくい花でもあるのでそのへんの管理も工夫が必要ですね。

 

もともと胡蝶蘭は熱帯の植物のようなのでこういう霜にも弱いし、以外と綺麗に花を咲かせるとなると難しいようです。
でもだからこそ、綺麗に咲いた時にそれだけ感動も多いんでしょうね。
ほんとに嬉しいいいものを孫からもらいました。
大切にします。

 

でも最近老眼がひどくよくメッセージや手紙など小さい字が見えないのが困ります。

 

老眼サプリなんかを飲んでますがイマイチ効果が出ない気もします。