健康と年齢

孫が悩むどもり問題

そういえばこの前孫の友達がなやんでるって相談をうけました。
なんでもいじめられてるとか。

 

そもそもどもりってなんだって話ですが、調べると吃音症っていう言葉がちゃんと出ない病気なのか障害なのか(原因がわからないと言われている)
そういう症状があるみたいです。
学生なのでどもるとちゃんと挨拶できないといじめられたり、バカにされたりするみたいで結構不快悩みだそうです。
それで自殺する人もいるくらいだそうで、でも孫の場合は家族と話をするときは全然そんなことないんですが、友達と話すときや緊張するとどうもどもりが出てしまうみたいです。
可哀想なので知り合いの医者に相談したんですが、吃音とは脳が原因でおきるみたいです。
別に脳に障害があるとかそういうわけじゃないんですが、どうも精神的に負担になるとか。
そういえば男の方が圧倒的になりやすいと聞いているんですが、やはりストレスを感じやすいからという理由もあるんでしょうね、
特に孫の場合はまだ学生だからよけいですよね、思春期のころって多感ですから。
そういう年頃の子は吃音になりやすいみたいです。
吃音を治す方法ってあまりないのでなんだかかわいそうですね、話がちゃんとできないって自分の孫じゃなくても可哀想だと感じてしまいます。
人間にとって会話ってほんとに大事ですからその辺難しいですね。
でも知り合いなんかはだからこそそういう困難を乗り越えるべき教育をすべきだっていってましたね。
最近は彼の務める生活保護受給者受け入れ可能な老人ホームが文句を言われるなど高齢者の間でのいじめのようなものもあるみたいですね。
もと教育者の彼だけに説得力はあります。